AIコードレビューで
バグの発生を防ぎ
開発効率を大幅改善

プロジェクトコードをあなたに代わって24時間365日チェック

プロジェクト内のコピペを検知し、仕様変更やバグ修正の際の「修正漏れ」を通知

今すぐお問い合わせ

ソースコードを常時レビュー。
バグの発生を未然に防ぎ、
開発効率を大幅改善

プロジェクトコードをあなたに代って24時間365日チェック

プロジェクト内のコピペを検知し、仕様変更やバグ修正の際の「修正漏れ」を通知

例えばこんな使い方

ユースケース

Sider Scanが独自の解析エンジンでレポジトリを常時監視。
バグの早期発見・早期修正によりプロジェクトの遅延を防ぎます。

ユースケース

Sider Scanが独自の解析エンジンでレポジトリを常時監視。
バグの早期発見・早期修正によりプロジェクトの遅延を防ぎます。

SiderScanを使ってみましょう

最初の1カ月は無償で利用可能。

ソフトウェアは、Jenkins などのCIツールに組み込みやすいDockerイメージで提供されます。インストールされたサーバー内部で動作し、ソースコードやバグの検出結果を外部に送信することはありません。

まずはお問い合わせください

Sider Scan導入のメリット

開発工数の削減

AI コードレビュワーSider Scan が、あなたに代わって、リポジトリ内すべてのソースコードを24時間365日監視します。
修正漏れバグ* を発見したらすぐに通知します。これにより、後工程でのバグ発生や手戻りを防ぎ、開発工数の削減に貢献します。

コード品質の改善

コピペの結果生成される重複コードは、品質を測る上で最も重要な指標のひとつです。Sider Scan は、ソースコード内に新たなコピペが増えるたびに通知。適切に管理することで「こちらを直すとあちらが壊れる」リスクを大幅に減らし、コード品質を改善します。

* 修正漏れバグとは?


オリジナルのコードを何らかの理由で「コピペ」した際に、コピペ先で必要な修正を忘れてしまうことがあります。他に、重複したコードの一つを編集する場合、他の重複コードをすべて検索し、同じように編集する必要がありますが、その際に、一部のコードで修正が漏れてしまうことがあります。以上のような重複コードに起因する修正の見落としを、「修正漏れバグ」と呼んでいます。

Sider Scanの主な機能

修正漏れバグ通知

ソースコードを24時間監視。新規の「要確認コード」あるいは「重複コード」が見つかったらOSによるアプリケーション通知が表示されます。

リポジトリを丸ごと監視

指定されたフォルダに含まれる全てのソースコードを分析します(解析に不必要なファイルやフォルダは除外設定も可能です)。

チームで解析結果を共有

解析結果をメンバーにメール等で通知。コードの詳細は、メールに添付されるURLをクリックすると、通常のブラウザですぐに閲覧できます。

確認の優先度をスコア化

問題が検出されたコードは、独自のアルゴリズムでリスク評価され、確認の優先度が高い順にHigh, Mid, Low のラベルが付きます。対応の目安になります。

対応プログラミング言語

Java

JavaScript

TypeScript

PHP

C

C++

C#

Swift

Ruby

CUDA

ご利用料金について

お客様の環境によってサポート状況が異なりますので、個別にお見積りさせていただきます。以下からご依頼ください。最初の1カ月は無償で利用可能です。

見積もりを依頼する