解析結果を理解する

解析結果を理解する #

解析が完了すると、「ダッシュボード」タブが自動的に開きます。これはSider Scanのメインビューであり、解析結果は、リストと、可視化ホイールとして表示されます。

さらに、「変更漏れ指摘」、「重要なコードクローン」、「解析概要」という3つのサブタブがあります。以下では、これらの各タブの概要を説明します。

変更漏れ指摘 #

変更漏れ指摘のタブでは、コードブロックのリストが「バグ度」と「重要度」の順に表示されます(Sider Scanのオリジナルアルゴリズムにより決定されます)。このリストには、変更漏れが検出された方法、ファイル名/ファイルパス、そしてこの変更漏れの可能性に対する修正案(指摘)などが表示されます。

重要なコードクローン #

「重要なコードクローン」のタブではコードブロックのペアを、「重要度」、「類似度数」、「類似ステートメント数」(Sider Scanのオリジナルアルゴリズムによる)の順に表示します。必要に応じてソートの順序を変更することができます。

解析概要 #

「解析概要」のタブでは、解析されたプロジェクトに関する一般的な情報、コードクローンの統計、プロジェクト/ディレクトリ内に存在するコードクローンのホイール表示を提供します。コードクローンのホイール表示は、異なるファイル間(および同じファイル内)にあるコードクローンを表示します。外側の円弧を結ぶ帯は、コードクローンのペアを表しています。