解析結果に対してとれるアクション

解析結果に対してとれるアクション #

結果にタグを付ける #

「変更漏れ指摘」のタブと「重要なコードクローン」のタブの各行には、「スター」または「無視」のタグを付けることができます。

スターのタグ #

グレーのスターをクリックすると、黄色に変わり、スターのタグが付けられます。これは、関連するコードや提案を後から見直す必要がある場合に便利です。

スターが付いたものはグループ化され、図のように「スターのみ」サブタブで確認することができます。

無視のタグ #

スター印の右隣にあるグレーの×印をクリックすると、その行がリストから削除されます。

無視タグが付いた行はすべてグループ化され、図のように「無視のみ」のサブタブに表示されます。また、黄色のXをクリックすることにより、無視タグを外すことも必要に応じてできます。その場合、その行は元の「すべて」のリストに戻ります。

解析ファイルを保存 #

解析結果をダウンロードするには、右上の「解析ファイルを保存」のボタンを押します。これにより、ダウンロード可能なファイル(ファイル拡張子.radump)が作成され、デバイスに保存することができます。

保存されたradumpファイルをアプリケーションのウィンドウにドラッグ&ドロップすると、保存した解析結果を再び見ることができます。

解析結果の削除 #

解析結果を削除するには、右上にある「解析結果の削除」のボタンを押します。削除の確認をするダイアログボックスが表示されます。

解析対象フォルダを絞り込む #

解析結果から特定のファイルやフォルダー(ライブラリコンポーネントやサードパーティのファイルなど)を除外するには、右上の「解析対象フォルダを絞り込む」ボタンを押して選択を解除します。チェックボックスにチェックを入れて「設定を保存する」のボタンを押すと、解析結果から除外されます。

解析結果を共有する #

解析結果は、radumpファイルを介して他のユーザーと共有することができます。これらのファイルを他のユーザーに送り、そのユーザーがアプリケーションのウィンドウにドラッグ&ドロップすると、同じ解析結果が表示されます。