RuboCopの自動修正がSideCI上から行えるようになりました。

こんにちは。最近ドラゴンクエストビルダーズに時間泥棒されている@vexus2です。

今週のSideCIのアップデート情報です。

RuboCopの自動修正をSideCIから行えるようになりました。

alt="auto correct image"

RuboCopには --auto-correct オプションを付加すると修正可能なコードを自動修正してくれる機能があるんですが、それらをSideCI+GitHubのPullRequestのみで行えるようになりました。

(more…)

0 Comments

RuboCopを任意のバージョンで実行可能になりました

こんにちは。東京では初雪が降ってましたね。とても寒い日々ですがいかがお過ごしでしょうか。@vexus2です。

今週のSideCIのアップデート情報です。

RuboCopを任意のバージョンで実行可能になりました。

RuboCopは開発スピードがそれなりに早く、また、後方互換を保たずにカジュアルに設定項目ごと無くなって実行時にエラーになったりすることがあるライブラリです。
基本的にSideCIでは常にRuboCopの最新バージョンを提供してきましたが、意図的に特定のバージョンで固定した設定を使っていたりなど、様々な事情のユーザ様のユースケースに対応できるべく、任意のRuboCopバージョンでの実行が行えるように対応しました。

(more…)

0 Comments

Ruby on Railsのコードをよりモダンにするために、Rails Best Practices入門・おすすめ設定

Railsのベストプラクティスを教えてくれるgem, rails_best_practicesの使い方や設定のおすすめを紹介いたします。

rails_best_practicesはRailsのベストプラクティスを投票しあうサイト、Rails Best Practicesの投稿をまとめて、コードがそれにそっているかをチェック、どう変えたほうが良いかをアドバイスしてくれるツールです。

(more…)

0 Comments

RuboCopを調教、規約よりも速度優先なrubocop.ymlを試してみよう

こんにちは。SideCIでも提供しているツール、RuboCopについて、「規約規約うるさい!」という方も多くいらっしゃるかと思います。規約よりも開発速度重視な開発スタイル向けのrubocop.ymlを作成してみたので、宜しければ参考にしてみてください!「バグにつながるような箇所を発見」することに焦点を当てたRuboCopの活用法・設定です。

rubocop.ymlはレポジトリのディレクトリトップに配置頂ければ、SideCiはその設定に従いチェック、コメント致します。SideCIではなくピュアにRuboCopをご利用の方にも参考になれば幸いです。

(more…)

0 Comments

SideCIの自動コードレビューに新たなツールが仲間入りしました。PHP_CodeSniffer, RuboCop, JSHint, CoffeeLint

SideCIで8つのツールが新たにご利用出来るようになりました。
現在のところ全て無料で無制限にお使い頂けますので、ぜひお試し下さい。

主に以下の3つが大きなトピックです。

  1. PHP言語の自動コードレビューに対応しました
  2. JavaScript, CoffeeScriptの自動コードレビューに対応しました
  3. RuboCopに対応しました。

alt="setting screen"
画面イメージ

(more…)

0 Comments