10月分の解析ツール更新を行いました

Siderは毎月解析ツールのバージョンを見直しております。このたび、10月分のバージョンアップデートを行いましたのでお知らせいたします。 Checkstyle v8.12 -> v8.13 http://checkstyle.sourceforge.net/releasenotes.html#Release_8.13 PMD v6.7.0 -> v6.8.0 https://github.com/pmd/pmd/releases/tag/pmd_releases%2F6.8.0 ESLint v5.6.0 -> v5.7.0 https://github.com/eslint/eslint/releases/tag/v5.6.1 https://github.com/eslint/eslint/releases/tag/v5.7.0 RuboCop v0.59.1 -> v0.59.2 https://github.com/rubocop-hq/rubocop/releases/tag/v0.59.2 Goodcheck v1.3.1 -> v1.4.1 https://github.com/sider/goodcheck/blob/master/CHANGELOG.md#140-2018-10-11 https://github.com/sider/goodcheck/blob/master/CHANGELOG.md#141-2018-10-15 stylelint v9.5.0…

Continue Reading 10月分の解析ツール更新を行いました

Reek を使って嫌な感じのコードを取り除きましょう

コードを書いたり、読んでいて、何となく嫌な感じのするコードに出くわしたことはないでしょうか。そういったコードの存在はシステムの保守性や可読性を損なうものになります。Reek というツールではそれをコードスメル(悪臭のするコード)と呼んでいます。

Reek は多数のルールに基づいてRubyのコードを精査してくれます。そうして出力された結果を元に修正していくことで可読性の高いコードに直せるでしょう。今回はReekの利用法を紹介します。

(more…)

Continue Reading Reek を使って嫌な感じのコードを取り除きましょう

Ruby Style Guideへのリンク追加などの機能追加を行いました

SideCIで下記の機能が追加されました。これらはユーザの皆様からのご意見によって追加されたものです。

  • RuboCop の指摘にRuby Style Guideへのリンクがつくようになりました
  • Reek の指摘にReekのドキュメント(説明ページ)へのリンクがつくようになりました

(more…)

Continue Reading Ruby Style Guideへのリンク追加などの機能追加を行いました

Rubyのコードスメルチェックツールreekで「こんなコードは嫌!」っていうのを防ごう

reekというRubyのコードスメルチェックツールを皆さんご存じですか?
この記事では、Code Smellチェックツールであるreekの利用方法を説明します。

(more…)

Continue Reading Rubyのコードスメルチェックツールreekで「こんなコードは嫌!」っていうのを防ごう