リリースノート2020年10月5日

Version v1.01.00.008

新機能

  • 特定のフォルダやファイルを解析対象から外す機能を追加しました。下図のように「解析指定ソース」の表示の横に歯車のついたフォルダのアイコンが追加されています。

こちらをクリックしていただくと、解析されているファイルがツリー表示されます。この表示のなかで、解析対象から「外して欲しい」ファイルやフォルダにチェックをいれていただければ、分析結果の画面でそれらのファイルやフォルダを除いた結果が表示されます。プロジェクトフォルダには、サードパーティのライブラリソースや、様々なテストコードなどが含まれていると思います。それらをコードクローン検出の対象から外す際などにご利用下さい。

不具合修正

  • 解析結果の共有機能について、Import 時の読み込みの進捗をプログレスバーで確認できるよう修正しました。
  • その他、軽微な不具合の修正を行いました。

Sider Labs は、開発者にとって有益な情報を提供できるよう今後も性能改善・機能拡張を続けてまいります。引き続きよろしくお願いいたします。

コメントを残す