スクラムマスター 成功のポイント

自分自身の開発経験から、もっと早くからスクラムとスクラムマスターを経験しておけばよかったと思っています。スクラム未経験の方には、この記事がスクラム導入のきっかけとなればば幸いです。また、スクラム経験者の方にとっては、より良いスクラム開発プロセスを考えるきっかけになることを願っています。 --- 私たちは長いソフトウェア開発プロセスの終盤をむかえ、ようやくお客様に製品を届けることができて興奮していました。開発開始時に受け取ったお客様からの要件使用書を元に、何ヶ月もかけて熱心に作業した結果、お客様が求めていたものをすべて実現した素晴らしい製品ができあがりました。…

0 Comments
Read more about the article アジャイルマニフェストは今も正しい?
Photo by Bonneval Sebastien on Unsplash

アジャイルマニフェストは今も正しい?

アジャイルマニフェストは、ソフトウェア開発に大きな影響を与えただけでなく、ビジネスの世界にも応用されています。しかし、ソフトウエア開発を取り巻く環境が大きく変わってきた今、それでもまだ有効といえるでしょうか? 1. アジャイルマニフェストの概要…

0 Comments
Read more about the article プロジェクトマイルストーンの定義
Photo by Startaê Team on Unsplash https://unsplash.com/photos/7tXA8xwe4W4

プロジェクトマイルストーンの定義

プロジェクトマイルストーンは、どのようなプロジェクトにおいても重要であり、チームメンバーには重要な日付を、利害関係者には透明性を提供し、プロジェクトマネジャーにとっては、プロジェクトの管理を容易にしてくれるものです。 プロジェクトマネージャーとして、様々な部署や個人にまたがる大規模プロジェクトの計画と実行を行う際、プロジェクトマイルストーンはタスクを時間通りに維持するために不可欠です。しかし、具体的にどのようにしてプロジェクトのマイルストーンを定義するのでしょうか? プロジェクトマイルストーンとは?…

0 Comments
Read more about the article アジャイル手法について知っておくべき3つのこと
Photo by İrfan Simsar on Unsplash

アジャイル手法について知っておくべき3つのこと

アジャイル手法は、絶えず変化する市場のニーズに素早く対応したいと考える技術系企業に適した手法であり、近年、規模を問わず様々なソフトウェア開発に活用されています。アジャイル開発を採用することで、開発チームは迅速な反復サイクルで製品を作り、テクノロジー業界の変化に容易に適応することができます。 VersionOne 社のState…

0 Comments
Read more about the article リモートワークでスクラムを効果的に運営する方法
Photo by Sincerely Media on Unsplash

リモートワークでスクラムを効果的に運営する方法

スクラムは、最も人気のあるアジャイルソフトウェア開発手法です。 Coding Sansが2019年に実施したソフトウェア開発の状態に関するレポートでは、回答者の60.58%がスクラムを使用し、35.4%がカンバンを使用し、19.71%がアジャイルモデリングを使用していると回答しました。…

0 Comments
Read more about the article スクラムとカンバンの違い
Photo by Mark Fletcher-Brown on Unsplash

スクラムとカンバンの違い

アジャイルとは、プロジェクト管理とソフトウェア開発の一手法で、大規模で複雑なプロジェクトを管理しやすい小さなかたまりに分解するというインタラクティブなアプローチです。 多くのソフトウェア開発において、プロジェクトの速度を上げるためにアジャイルの手法が使われています。 “スクラム”と“カンバン”は、アジャイルでよく使用される一般的なフレームワークです。以下でその違いを見てみましょう。…

0 Comments

sider.yml サンプルファイル追加のPull Requestを行う機能のリリースのご案内

こんにちは。本日、リポジトリを新規にSiderに追加した際に、sider.ymlのサンプルファイルを作るPull Requestを当該のリポジトリに作成する機能をリリースいたしました。 また、当該機能の利用にあたってはSiderからGitHubに対して新しいパーミッションが要求されます。GitHubからメールが届くかと思いますのでよろしければ承認下さい。…

0 Comments