SideCIの利用フローを大きく改善する、新機能のベータ提供を開始しました

こんにちは。本日より、非常に大きな新しい機能のベータ提供を開始しました。
この機能はまだベータ版であり、正式な名称が決まっていないことから、社内でのプロジェクト名「アビシニアン」にてご紹介させて頂きます。

アビシニアンについて

アビシニアンは、既存のSideCIの「問題が発見された場合にGitHubにコメントをする」というコア機能(※)を置き換える試験的な機能です。
※本記事内では該当機能を「コメントモード」と記載します。

コメントモードでご利用の場合、GitHub上でSideCIからのコメントをレビュアー、もしくはレビュイーの方が確認し、コードを修正するか、コメントをそのプルリクエストにおいては目をつぶるといった運用ケースが多いかと思います。
これをより厳密に、かつ現実に即した形で使いやすくした機能がアビシニアンです。
アビシニアンでは次のような形でSideCIを使って頂く事を想定しています。

  1. Pull RequestをOpenする
  2. SideCIから指摘が届いた場合、解析結果をレビュイーが確認する
  3. 指摘結果を元にコードを修正、もしくは修正しないことを明示する

この流れになることで、全てのコメントへの対応・非対応が厳密に、かつ簡単に管理されます。

(more…)

0 Comments

解析完了通知がSlack/HipChatで受け取れるようになりました!

追記: HipChatによる解析完了通知は2017/04/25にサポートを終了いたしました。

こんにちは。今週のアップデート情報です。

解析完了通知がSlack/HipChatで受け取れるようになりました!

alt="notification image"
解析完了通知イメージ

今まではプルリクエスト上のコミットステータスでのみ制御をしていましたが、解析完了したタイミングでSlackやHipChatへの通知が設定できるようになりました。
プルリクエスト毎の指摘数や、前回コミットとの指摘数の差分が受け取れます。

(more…)

0 Comments

ESLint実行時にプラグインやコンフィグをnpm installできるようになりました 他

こんにちは。今週のアップデート情報です。

ESLint実行時にプラグインやコンフィグをnpm installできるようになりました

SideCI上でのESLint実行時、.eslintrcの設定ファイル内にpluginsやextendsが指定されている場合にそれらのインストールした上で解析を実行するようになりました。

(more…)

0 Comments

SideCI上でESLintの自動修正が行えるようになりました ほか

こんにちは。今週のアップデート情報です。

SideCI上でESLintの自動修正が行えるようになりました。

ESLint経由で指摘したもののうち、修正可能な指摘を自動修正したPull Requestを生成することができます。 この機能を既存のワークフローに組み込むことによって「Pull Requestに対するESLintの指摘を修正するPull RequestをSideCIから作成し、それをマージする」ことでローカルで修正せずともコード指摘を反映できるようになります。

この自動修正の対象は 該当Pull Request内のコミットで変更があったファイル になります。差分箇所のみではない点をご留意下さい。

(more…)

0 Comments

SideCI上でPHP_CodeSniffer自動修正が行えるようになりました

SideCIはphp-cs-fixerを利用して、修正可能なPHP_CodeSnifferによる指摘を自動修正したPull Requestを生成することができます。
この機能を既存のワークフローに組み込むことによって「Pull Requestに対するPHP_CodeSnifferの指摘を修正するPull RequestをSideCIから作成し、それをマージする」ことでローカルで修正せずともコード指摘を反映できるようになります。

この自動修正の対象は 該当Pull Request内のコミットで変更があったファイル になります。差分箇所のみではない点をご留意下さい。

(more…)

0 Comments