PHP_CodeSnifferのデフォルトバージョンを3系に変更します

いつもSiderをご利用いただきありがとうございます。 2018年8月20日をもって、デフォルトで実行されるPHP_CodeSnifferのバージョンを2系から3系に変更いたします。 現在、SiderではPHP_CodeSnifferを実行するとき、デフォルトでは2系の最新版である2.9.1が実行されます。このとき、3系(7月17日現在の最新版は3.3.0)を使う場合は、sideci.ymlでversionオプションを使い、明示的に設定する必要がありました。…

0 Comments

ダッシュボードをリリースしました

こんにちは。プロダクトチームの木庭です。2018年7月9日、Sider は新しいダッシュボードページをリリースしました。 このリリース以前は、ログイン直後やトップページにアクセスした時にプルリクエスト一覧ページが表示されていましたが、このリリースからダッシュボードページが表示されるようになりました。…

0 Comments

メンバーがオーガニゼーション設定ページにアクセスできるようになりました

こんにちは。プロダクトチームの渡邉です。Siderのオーガニゼーション設定ページが、メンバー権限のユーザーでもアクセスできるようになりました。 従来は、GitHub上でオーガニゼーションに対して、オーナー権限を持っているユーザーのみが、Siderのオーガニゼーション設定ページにアクセスすることができました。しかし、今回のアップデートでメンバー権限のユーザーもオーガニゼーション設定ページにアクセスできるようになります。GitHubのオーガニゼーションに対するユーザーの権限については、こちらをご覧ください。 なお、メンバー権限のユーザーには以下の操作が制限されます。…

0 Comments

Siderの表示言語を設定から変更できるようになりました

こんにちは。プロダクトチームの渡邉です。この度、Siderのアカウント設定から新たに表示言語を変更できるようになりました。右上の「アカウント」メニューからアカウント設定ページにアクセスし、言語を切り替えることができます。 変更を保存すると、すぐに表示言語が変更されます。設定された言語は、Siderから送信されるシステムメールにも反映されます。 何かご不明な点がございましたら、お気軽にSider内の右下のチャットからお問い合わせください。

0 Comments

リポジトリ数無制限の新しい料金プランの提供を開始。旧プランからの移行のお願い

こんにちは。SideCIの角です。いつもSideCIをご利用いただきありがとうございます。 SideCIは料金プランを2018年5月1日より新しい体系に改定いたします。新しい料金プランでは、 プライベートリポジトリ数ではなくユーザ数に応じた料金体系となり、開発チームの規模に応じて料金が変動する…

0 Comments

SideCIでMisspellが使えるようになりました🎉

こんにちは。id:Pocke です。

SideCIで新しい解析器がご利用いただけるようになりましたので報告させていただきます。
今回追加された解析器は、Misspellです。Misspellを使用することで、ソースコードやその中のコメント、ドキュメントなどに含まれる英単語のタイプミスを検出することができます。

f:id:Pocke:20171017191528p:plain

(more…)

0 Comments

SideCIでのクラシックモード廃止のお知らせ

SideCIは、2017年10月31日をもちまして、サービスの正式リリース時より稼働しておりました、クラシックモードを廃止することをお知らせいたします。

  • お客様にご登録いただいておりますリポジトリは、11月1日以降すべて強制的に新規モードに切り替わります
  • 新規モードは既に稼働しており、2017年9月6日時点で移行することが可能です
    • 新規モードは完全な互換性を保つものではありません
    • 一部の解析器の設定に問題が生じることがあり、また開発チームでのレビューのワークフローに変更が必要となることがあります

新規モードへの移行に伴う問題の発生を防ぐため、お客様ご自身での、前もっての移行をお願いいたします。

(more…)

0 Comments

SideCIはPull Requestにコメントできるようになりました

SideCI は従来、Pull Request を解析し、指摘があった際はコミットステータスを fail にして、sideci.com 上で指摘事項を確認し、対応していただいておりました。今回、それに加えて新たに Pull Request にコメントを行う機能を追加しました。これにより、Pull Request ページを離れることなく、より簡単に解析器が指摘した内容を確認することができます。

f:id:a_ksi19:20170831165847p:plain

(more…)

0 Comments