【お知らせ】SideCIでESLintが使えるようになりました

  • 投稿者:
  • 投稿の最終変更日:2020-11-25
  • 投稿カテゴリー:Update
  • Reading time:1 mins read

こんにちは。SideCIでESLintが使えるようになりましたので、お知らせ致します。GitHub PullRequestが開かれる毎にESLintをSideCIが実行、結果をコメント形式でお伝えいたします。

ESLintとは

JavaScriptの静的チェックツールです。JSHintよりも新しい時期に作られたもので、多くの場合はJSHint, JSLintと類似しています。ECMAScript 6やJSXをサポートしています。

ECMAScript 6やJSXをお使いの場合にはぜひESLintをご使用下さい。

GitHub PullRequest イメージ

GitHub PullRequestイメージ

PullRequest上の該当行にコメントされます。
JSHintと合わせて利用することも可能です。(あまり意味はないと思いますが)

設定のカスタマイズ

ESLintの機能で設定のカスタマイズを行うことが出来ます。
Configuring ESLint

たとえば、ディレクトリトップ(レポジトリのトップ)に下記のような.eslintrcファイルを配備してみてください。

{
"ecmaFeatures": {
"blockBindings": true,
"forOf": true,
"jsx": true
},
"rules": {
"no-unused-vars": 0,
"no-undef": 0
}
}

上記コードの下記の部分によって、unused-vars系のエラーが指摘されなくなります。railsの構文と上手く噛み合わないとき(requireしている方のコードに入っているんだけど…)など。

"rules": {
"no-unused-vars": 0,
"no-undef": 0
}

おわりに

ECMAScript, JavaScriptの継続的なコードのチェックにSideCI上のESLintをご使用くださいませ!

まだリリースしたばかりの機能ですので、不備等ございましたらサービス内チャットにてご指摘・ご相談頂けましたら幸いです。

ご利用お待ちしております!

コメントを残す